しゃなりの箱庭。

アニソンアーティストの南 咲希が芸能活動・音楽・ひとり暮らし・貯蓄・断捨離など経験をもとに書いていくブログです。

短期間で500万円達成!圧倒的なスピードでお金を貯める5つの方法

スポンサーリンク

f:id:sakiminami-7:20161113220422j:plain

 

しゃなりぉ!(・ω・)/

貯蓄マスターの南 咲希 (@minamix_syanari) です

 

 一人暮らし経験者もしくは現在進行形のひと、自立して生活しているひと、そうでなくてもお金を貯めたい!と考えるすべてのひとには共感してもらえることだが、預金したいと願うだけでは思うように貯まらず、入っては出て...の繰り返し。

 

なかなか(というか、まったく)貯められなかったわたしだが、これから紹介するやり方を実践してから圧倒的に、しかも短期間でお金が貯まるようになった。

 

  お金に困っているひとが必ず陥っているのだが、「お金を貯める」という認識を改めて「お金が貯まる仕組みをつくる」ことから叩き直すべき。

 

 今回はわたしが実行した中で、本当に効果のあった方法だけを厳選して紹介していくよ!

 

目次 

 

スポンサーリンク
 

口座を最低3つは持つ

・え?ひとつの方がラクじゃないの?

 

管理する口座が増えるとなにがなんだかわからなくなるし、めんどくさいし、あんまりモノを持ちたくないから、ひとつで済ませられるならそうしたい...わたしも以前はそう考えるタイプだった。

 

しかし、口座を3つ持つことにはきちんとした理由がある。

 

入金用・出金用・運用(動きの多いお金)専用、必ずこの3つに分けることが条件。

 

この3つを下まわらなければ口座を増やすのはOK

苦労せずにお金が貯まる流れを、これからじっくり説明していくね!

 

入金と出金の通帳は別にする

f:id:sakiminami-7:20161114094312j:plain

・入ってくるお金と出ていくお金はタイプがちがう

 

人間でいうと男と女、惑星でいうと太陽と月みたいな感じ。

同じ「人間」なのだけれど、性別が違えば温泉は(混浴を除いて)男女別になってるでしょ?

太陽と月は同じ「惑星」のくくりだけれど、役割や性質はまったく別もので同じ場所にはないでしょ?

 

それと同じで、こちら側に向かってくるお金とこちらから出ていくお金は、それぞれ別の性質を持っている。

分けてあげるのが自然、くらいに考えたほうが絶対にいい。

 

自分のもとに入ってきてくれるお金をしっかり意識するためにも、口座は必ず分けましょう!

 ※お金の性質についての関連記事も書いていくね。

 

お給料は1回で全額おろす

f:id:sakiminami-7:20161114094055j:plain

 

お給料が入ってくる口座からは、銀行の窓口もしくはATMで一括でおろすこと。

お金をおろすことを月1回に徹底すると、余計な手間と手数料がラクになるよ。

 

間違ってもコンビニのATMではおろさないように!

 

お金をおろすときにかかっている手数料に無頓着なひとは意外と多い。

たとえ100円程度であっても、長い目でみて蓄積される金額は本当にバカにならない。

コンビニATMを利用してもいいのは、手数料が0円のときのみ。

 

これに関しては家計簿をつけるのがオススメだけれど、苦手な人はアプリで管理!

その際、収入は絶対に入力しないこと。

 ※関連記事を書いていくね。

 

貯金したい額を先にお給料から抜きとる

f:id:sakiminami-7:20161114093644j:plain

「あまったら貯金にまわそう」では絶対に貯められない 

先に抜きとらないと、お金は絶対にあまらない!

 

お金は手元にあると使ってしまうもの。

一人暮らし期間中のわたしは、そのまちがったやり方から何年も抜けられず、見事に金欠ループにはまりこんでいた。

 

はじめは1,000円からでも全然いい。

わたしは1万円からはじめて、続けていくうちに月5〜7万円くらいは貯金できるようになった。

 

カンタンには引き出せないようにする

貯金にまわすと決めたお金は、はじめからなかったものと考える。

あると思うと使うからね。

 

給与天引きで貯金される専用の口座をつくってもいい。

定期預金にしたり投資(必須ではない)にまわしたりして、手元に置いておかないこと。

 

こうすると、苦労せずとも勝手にお金が集まってくれる。

 

※お金には加速の法則があるよ。関連記事に書いていくね。

 

 カテゴリごとに封筒に分ける

f:id:sakiminami-7:20161114093322j:plain

 

貯金額を除いた、残ったお金で1カ月やりくりする。

わたしの場合はこんな感じ。

 

  • 食費→1万円
  • 光熱費→5千円
  • 交際費→2万円
  • 通信費→1万 (格安スマホに変更予定)
  • 日用品・コスメ・服→1万円
  • 雑費→1万円

 

(ある人は)

税金・家賃・ガソリン代

 

これらをざっくり計算し、それぞれ封筒に分けて生活する。

 

ここで支出が多いのはお金の使いすぎだから、収入に見合った生活をするよう見直しましょう。

服代とか月0円でも行けるからね。工夫してみる手もあるよ。

 

ムリな場合はもっと稼ぐ方法を考えれば問題なし!

 

おまけ:銀色コイン貯金をしてみる

f:id:sakiminami-7:20161114093206j:plain

 

これは絶対ではないのだけれど、わたしがやっていて楽しいから公表する。

 

1円玉以外の銀色のお金を、貯金箱に投入する。

もとは銀色だった、500円玉も入れる。

 

貯金箱はできれば小さいサイズで。

あまり大きくなるとなかなか満タンにならずに嫌気がさすから。

 

貯金箱はゴールドがいい 

ゴールドって目に入ると豊かな気持ちになるんだよね...!

色としてもお金と相性がいいし。

 

ピカピカしているやつがモチベーション上がる。

大きくなければ場所もとらないし、そこまで存在感も放たない。

 

ここで貯まった銀色コインたちは貯金するもよし、お小遣いにしてもよし。

 

まとめ

・信じてやってみること

 

どうせ今だって貯められていないのだから、自分に合ったやり方を見つけるためにもこの記事で紹介した方法でやってみるのは有効だよ。

自信をもってオススメする!

 

習慣づけてしまえば歯磨きのようにあたりまえになることも、知らないと取り入れることができない。

 

世の中にはお金が貯まりやすいひとが必ずいて(お金持ちともいう)、そういうひとのそばに自分を置くこともかなり効果的。

 

お金の貯まらないひととは、考え方が180度ちがう。

結果を出している人の言葉を参考にしよう。

 

わたしの場合はお金に対する考え方がまるっきり異なっていたのが父親で、いい知識を教えてもらったよ。

お金に関する本を読むのもいいね!

 

あわせて読みたい

www.sakiminami.com

www.sakiminami.com

www.sakiminami.com

www.sakiminami.com