しゃなりの箱庭。

毎日をがんばるきみに、南向きであたたかいしあわせをお届けするブログ。 ときどきブラックな本音を書いたりもします。

Kindle使ってる?読書好きは必須!本の管理もスマートに

スポンサーリンク

f:id:sakiminami-7:20161115071526j:plain

こんにちは。読書大好き・1日中本屋にいられる南 咲希(@minamix_syanari)です。

 

誕生日に念願のKindleを手に入れたら、読書人生が大きく変わりました。

紙の本に悩んできたこれまでの時間は、いったいなんだったんだろう。

 

本好きなわたしが、Kindle端末を買ってよかったことをどんどん紹介していきますね!

 

 

スポンサーリンク

   

 

Kindle買って本当によかった!

読書好きであればあるほど、本に対する想いは強いもの。

 

電子書籍ってどうなんだろう」「やっぱり紙の本にはかなわない?」と買うのをためらっている人の参考にしてもらえたら嬉しいです!

 

場所をとらない

保管に悩まなくて済む

 

紙の本だと場所をとる。劣化もある。日焼けも心配。紙は重い。

 

紙の本が好きなわたしとしては電子書籍なんて読書にならないんじゃないか」と偏見を持っていました。

ぜんぜんそんなことはないし、むしろ読書がはかどります。

 

マンガやライトノベルに多いツルツルの表紙が汚れるのがイヤで、軽い水拭きで優しく汚れを落としたあとに、乾いたタオルで拭いてみたりを繰り返してきました。

 

その手間を一気に解消できた。

紙の本の保管に悩む時間の節約になったのです。

 

軽いので持ち運びに便利

Kindleは想像以上に軽い!

 

わたしが使っているのはKindle無印。

Kindle Paper Whiteだとバックライトもつくので暗いところでも読めます。

 

読書のために本を何冊も抱えてカフェに行っていたときは、腕が筋肉痛になったものです。

紙って束になると重いんですよね...

 

あらかじめダウンロードしておけば通信環境なしで読めるので、飛行機に乗っても退屈しません。

購入した書籍はぜんぶ持ち歩けます。

 

▼余裕があれば、Kindle Paper Whiteがオススメ!

 

集中力が上がる

ネットサーフィンしなくて済む

 

Kiondle端末でできるのは、読む・検索だけ。ネットサーフィンができない。

誘惑がないので集中して読書できます。

 

Kindleでしか読めない本もあります。

30ページくらいしかない本もあるのでスラスラ読めて楽しいですよ。

 

別のことをしながらでも読める

手がふさがらない

スマホの大きいバージョンのようなもので、テーブルに置いたまま読める。

ごはんを食べながら読める。

 

スイッチを入れれば続きがすぐに表示されるので、しおりを外してまた挟んで...という手間がなくなりました。

正直これはまったく期待していなかったのですが、かなり快適でした。

 

読みやすい

タブレットなので本という気がしない
  • ネットでまとめサイトを閲覧する気軽さで読める。
  • ブルーライトがないのでどれだけ読んでも目が疲れない。
  • 文字の大きさを変えられる。
  • 辞書機能がついているので、意味がわからない言葉があってもすぐに調べられる。
  • 思ったことを書き込めるメモ機能がある。

 

しおりをつけておけば、気に入ったページを一瞬で開ける。

自分だけの名言集ができあがります!

 

節約になる

紙よりもKindleで買ったほうが安い

 

Kindle Unlimitedという、月額980円の読み放題サービスもあります。

読めば読むほどお得になり、知識も増えて一石二鳥。

 

持っている本は購入画面が出てこないので、うっかり同じ本を買ってしまうミスが起こりません。

やらかしたことがある人なら頷いてくれるはず。

 

わたしも重複して本を買ってしまったことがあり、しかも1ヶ月くらい経ってから気づいたため返品できず...中古で売ってもスズメの涙ほどでした。

 

まとめ

f:id:sakiminami-7:20161115071638j:plain

 

読書がはかどって毎日が楽しい!

紙でないとイヤだという偏見を捨ててよかったです。

 

インプットは大事です。

アウトプットできるのはインプットした10分の1程度だといわれています。

 

▼わたしが持っているのはこのKindleです 

 

▼この急速充電器があると2時間以内に充電が終わるスグレモノ

 

 ▼パソコンで読むって人は、Kindle端末を買わなくてもこのアプリからどうぞ

 

Kindleにはおもしろい書籍がたくさんあります。

まだ持っていない読書家のみなさんにはぜひともオススメします。

 

この記事を読んで、少しでも役に立ててもらえたら嬉しいです!

 

読んでくれてありがとう。

しゃなりぉー!(・ω・)/

 

コラムニスト:アニソンブロガー南 咲希

Twitter(@minamix_syanari)

 

あわせて読みたい