しゃなりの箱庭。

アニソンアーティストの南 咲希が芸能活動・音楽・ひとり暮らし・貯蓄・断捨離など経験をもとに書いていくブログです。

「やる気が出ない」モチベーションを上げる7つの方法

スポンサーリンク

f:id:sakiminami-7:20161116165019j:plain

こんにちは。アニソン系アーティスト・南 咲希(@minamix_syanari)です。

 

やる気が出ないなんてしょっちゅう。むしろデフォルト。

 

お昼すぎまで寝て、深夜3時ごろまでムダに夜ふかし。どうしよう、お風呂これからだ...

やることがあったわけではなくて、スマホをながめてダラダラしていたら、気がついたら夜中だったパターン。

いい加減、抜け出したかった。

 

どんな人にもやってくる「やる気が出ない」...

なまけもの代表のわたしが、やる気が出ないときに使っている7つの方法を紹介していくよ!

 

目次

 

誘惑のない環境へ移動する

自宅にはマンガやゲーム、テレビやおやつ、実家ぐらしの場合は家族が声をかけてくるなど、集中が途切れるシステムが揃っている。

そんなときは移動してしまうのがいちばん。場所を変えただけでグッと集中できる。

 

カフェでもなんでも好きな場所でいいのだけれども、わたしの場合、うるさいところはダメだなぁ。気が散ってしまう。

静かなカフェがオススメ。書店に併設されているカフェなんていいよね。

 

身近に好きな人をつくる

会える距離に恋愛対象をつくると圧倒的にやる気が出るよ。

 

ポイントは両想いにこだわらないこと!

やる気を出すための起爆剤なのだから、楽しければなんでもいい。好きな人に会えると思うと自然と目が覚めて、そこに行くのが楽しみになる。

 

自分のやる気につながるなら、「アイドルのポスターを貼っておいてそれを見に行くのが楽しみ」程度でもぜんぜんいい。

 

わたしは大好きなアーティストの曲をぜんぶ覚えたくて、聴くのがわくわくして早起きしていたこともあるよ。

知ったときには100曲以上あった...いま思い出しても興奮する。楽しかったなぁー。

 

もちろんバイト先の先輩とか、恋愛できそうな人に恋をするのはオススメ。

要するに「疑似恋愛をするとやる気が出るよ」という話。

 

集中する時間を決める

あらかじめ時間を決めておいて無心でひたすらやると、やる気が出る。

はじめに時間を決めてしまうと、オーバーしたらヤバイと焦って集中モードに入る。

 

早起きの記事を書くのに6時間以上かかったわたしだけれども、今は2000文字を1時間で書いている。カスタマイズで30分。ガッツリ書く内容でなければ「1記事に1時間」と決めているので、それ以外の時間を有効に使える。

 

とことん遊ぶ

先取り方法。楽しいことを先にやっておくと、次の仕事も楽しく感じる作戦。

とことん遊んでおくとリフレッシュできる。メリハリがついて、次の仕事もがんばれるよ。

 

楽しみな予定をつくる

その予定まではがんばろうと、エサで釣る方法。その日単位でも長期スパンでも使える。

短期的モチベーション維持と、 長期的モチベーション維持の2パターンを用意するのがいい。わたしの場合、

 

短期)

アニメを観るのが楽しみのひとつなので、時間があればあるだけたくさんのアニメを消化できる

長期)

好きなアーティストのライブやコンサートを目指してがんばる

 

ギリギリまで何もしない

休むと決めたら、本当に休むこと。

夏休みの宿題パターン。やらなきゃと思いつつも、結局ラスト1週間で追いこむ。

あのときの焦りと集中力ってなんなんだろうね。

 

夏休みの宿題なんかちゃんとやったことないよって人でも、仕事の納期は守らなきゃクビになるのでさすがに焦るよ。

 

好きなものを食べる

即効性があるのはコレ。

わたしはアイスに目がないので、先に食べてやる気をチャージする。エネルギー補給のために、おいしそうなアイスを見てまわっておくのも楽しい。

 

自分の好きなものをどんどん食べましょう。おいしいものを思いっきり食べるだけで、信じられないくらいメンタルが回復しているよ。

 

まとめ

ぜんぶ合わせてやると効果倍増。

 

楽しいことを仕事にするのがいちばんだけれど、「なかなかそうもいかないよ」というときにぜひ活用してほしい。

楽しいことを用意して、仕事や学校を乗り切ろう。

 

▼落ち込んだらこうして乗り切ってみてほしい