しゃなりの箱庭。

アニソンアーティストの南 咲希が芸能活動・音楽・ひとり暮らし・貯蓄・断捨離など経験をもとに書いていくブログです。

【親に夢を反対される人へ】親との対立をラクにする7つの方法

スポンサーリンク

f:id:sakiminami-7:20161116214025j:plain

 

しゃなりぉ!(・ω・)/

アニソンアーティストの南 咲希(@minamix_syanari)です。

 

芸能界に憧れる人って多いよね。華やかに見える。

 

「人前に立つことが好き」

「有名になりたい」

「芸能人になれたらすごい」

「芸能人に会いたい」

「お金持ちになりたい」

 

理由はいろいろあるけれど、親に反対されてなかなか前に進めない人もいるんじゃないかな。

わたしの親も「芸能界なんて、バカなこと言ってんじゃないよ」タイプで、上京前はかなりもめた。

 

今だから語れる親との対立をラクにする知識を、この記事でしっかり伝授するね!

芸能界に限らず親と対立すべてに役立てるよ。

 

目次

 

①そもそも理解してもらう必要はない

資金援助をしてもらえないなら、なんのために理解してもらうの?説得したところで活動資金を出してくれるの?

ただ反対してくるだけで結局は勘当されるなら、はじめから話し合う必要なくない?

 

理解できない場合と理解したくない場合があるから、親はどちらのタイプなのかを見極めよう。

 

②いったん勘当されてみてもいい

親から「勘当だ!」と言われる可能性は、おおいにある。親が厳しいと話し合いで覚悟が必要になる。

すぐに勘当してくる親はどのみち助けてくれなくて、有名になってからじゃないと認めてくれない。

いったん勘当されて、なりたい芸能人になれるようにがんばろう。

 

③ダメでもなんとかなる

なりたい気持ちを押しころしてしまうと、走馬灯で「あのとき挑戦しておけば、わたしだって...」と勘ちがいしてしまう。

後悔したところで人生は戻ってこない。そういう人はなんにせよ何者にもなれない人生だったから後悔しなくても大丈夫なのだが、わたしはそんな人生はイヤだ。

 

失敗したって大丈夫だよ。チャレンジする道から逃げたってたいした人生にはなっていなくて、成功とはいえないから。

 

④芸能界に入りたい理由をしっかり考えておく

もし親をしっかり説得したい場合は、芸能界に入りたい動機をきちんと言えるようにしておくこと。

 

反対する親は、基本的に芸能界によくないイメージをもっている。それを前提に、熱意をもって積極的に伝えることで説得力が増すよ。

親の気持ちはよくわかっていると示すこと。家族円満に越したことはないからね。

 

⑤親が勧める人生に憧れていないことを伝える

こちらが歩もうとする人生に親が反対してきた場合、かわりにどんなプランがオススメなのかを聞いてみよう。

たいていの場合「芸能界なんてムリに決まってる」とか「もっと安定した道を選べ」とか、夢を叶えたことのない典型的な偏見を押しつけてくるよ。

 

「その道はいらないから、そんな程度の道なら好きなことをさせてよ」と、親の提案した道が少しも魅力的でないことを伝えること。

自分の人生であることをハッキリ意識してもらえる助け舟を出すつもりで。

 

ここまでいえば、ほとんどの親は折れてくれる。

 

⑥どうせ死ぬなら好きなことをやりたい

人間はみんな、等しく死んでいく。

 

人生80年、親がいなくなってから後悔しても遅い。

そうなってから誰のせいにもできないもどかしさを抱えたところで、行き場がない。

 

逆に苦しいよ。

 

⑦暴力系の親からは逃げる

有無を言わさず逃げましょう。

語る意味がない。

 

聞く気がない人には何を言っても耳に入らないよ。

子どもが自分の思いどおりにならなくて耐えられないのだから。

 

親に余裕ができるまであえて話さないであげることも優しさだよ。

自分のことをしっかりがんばろう。

 

まとめ

わたしが反対されていたのは音楽活動だったけれど、受験や上京のときにも使えるよ。

自分にあてはめて実践してみてね! 

 

あわせて読みたい

www.sakiminami.com

www.sakiminami.com

www.sakiminami.com