しゃなりの箱庭。

アニソンアーティストの南 咲希が芸能活動・音楽・ひとり暮らし・貯蓄・断捨離など経験をもとに書いていくブログです。

車生活の人必見!サービスがお得な使い方・年会費が無料になる方法

スポンサーリンク

f:id:sakiminami-7:20161213144727p:plain

 

しゃなりぉ!(・ω・)/

フリーランスになったばかりの南 咲希(@minamix_syanari)です。

 

月々・年にかかる固定費はなるべく少なく抑えたいですよね。

フリーランスになったわたしも同じで、いかにしてムダな出費を減らしていくかはかなり重要です。

 

先日、母とこんな会話をしました。

 

 

 

JAFの年会費が4,000円かかってるのよねぇ

 

 

えっ、年に4,000円!?

 

 

 

しかも年に1回使うか使わないかって感じだし

 

 

それはもったいないね

 

 

 

ということで、パートで働く母の固定費を少しでも安く抑えるべく考えてみました。

 

ところで、JAF(ジャフ)って何?

JAFは年中無休・24時間・全国ネットで、品質の高いロードサービスを提供しております。

「バッテリー上がり」や「キー閉じこみ」などでお困りの際、JAF会員はほとんどの場合で料金は無料です。


利用回数の制限はなく、自宅駐車場や公共駐車場など路上以外の場所へも駆けつけます(部品代・燃料油脂代等の実費、15km以上のけん引、会員無料の範囲を超える作業などの場合は料金を頂戴します。)

引用先:JAFロードサービスとは

 

なるほど、パンクやなど車のトラブルに備えて24時間対応してくれるサービスがあったんですね。

わたしはJAF会員ではないので名前しか聞いたことがなかったのですが、いざという時のロードサービスは助かります。

 

でも、ちょっと待って。いざという時のために年間4,000円って高くない?

 

 

ちなみに最後に利用したのはいつ?

 

 

1〜2年前に1回かねぇ

 

 

なんと…!そしてその1回はタイヤのパンク。

20年以上、毎日車に乗っている母ですが、普通に乗っていれば頻繁にお世話になることはないようです。

 

何かあったら困るからロードサービスはほしい。けれど年会費はなくしたい…

いろいろ探していたら発見した方法が最高だったので、この記事でご紹介します!

 

わたしが行き着いた方法はこれ!

車に乗るなら絶対にENEOSカード がいいです。

 

JAFに登録する人は必ず車に乗っているので、ガソリンを入れます。

給油時にENEOSカードを使うととってもお得になる上に、ロードサービスまでついてくるんです!

 

どれくらいお得になるのか、以下を御覧ください。

 

ENEOS CARD S

①ガソリンが毎回2円/L引き

ガソリン・軽油はいつでも2円/L引きになります。

カードの種類によっては最大7円/L引きになることも!

キャッシュバックに制限がないので、いくら給油しても2円/L引きが適用されます。

 

ENEOSカードがあれば、全国11,000か所ほぼすべてのENEOSでの給油やサービスのお支払いがお得になります!

 

②ロードサービスが無料

これです!JAFと近い役割を果たすのがこのロードサービス。

24時間365日受付のENEOSロードサービスが付いています。

 

有料オプションであることが多いロードサービスですが、ENEOSカードを持っていると年2回は無料。年間4,000円かかっていたのが嘘みたい…!

 

ロードサービスの詳細は記事の下に記載しておきますね。

 

③入会費・年会費が無料

ENEOS CARD S(スタンダード) 年1回のカードご利用で年会費も無料になります。

本来は本人会員/1,250円税抜き(初年度無料) がかかります。

 

ENEOSサービスステーションまたは、 一般加盟店で年1回以上のカード (QUICPay・ETC含む)のご利用で次年度の年会費が無料になります。
つまり、年に1回でもカードを使って給油すれば年会費はかからないシステムです。

 

特典内容

  • ENEOSサービスステーションでのガソリン・軽油・灯油以外のご利用
  • QUICPay・ETC・家族カードご利用分もポイント付与となります。
  • ※ポイントは2年間有効です。有効期間が終了しだい、1ヵ月単位で失効となります。
  • ※各種手数料・年会費等はポイント付与対象外となります。
  • ※ポイントはENEOSサービスステーションのご利用、一般加盟店の利用金額別に計算いたします。(1,000円未満は切捨となります)
  • ※カードのサービス特典について一部対象外のENEOSサービスステーションもございます。

 


わたしがオススメするのは「ENEOS CARD S(スタンダード)」タイプ!


ガソリンを年に1回でもこのカードで入れれば年会費がかからないし、大型チェーン店ENEOSでの給油が毎回2円/L引きになるから、車を使う人にとっては本当にありがたい。

 

わたしの住んでいる田舎も車社会なので、ガソリンは絶対に必要なものなんです。

必要なものが安くなるなんて嬉しい。

わたしもさっそく申し込みました。

 

ENEOSカードS(スタンダード)のお申込みはコチラ▼

ENEOSカードS スタンダード

 

ENEOSカードは3種類あって、もっとも手軽に使えるのがスタンダードタイプです。
他にもポイントタイプ・キャッシュバックタイプがあるので、自分のライフスタイルに合ったカードを選べます。

 

ENEOS公式ホームページでは、あなたに最適なカードを診断しているのでぜひ参考にしてみてください!

→簡易カード診断をする方はコチラから

 

ENEOSカードP(ポイント)タイプ

ENEOS CARD P

ポイント還元率がいちばん高いのがこのタイプのカードです。ENEOS CARD P(ポイントタイプ) は、カードを使えば使うほどポイントが貯まります。

 

ENEOSサービスステーションなら最大3%ポイント還元! 給油はもちろん、洗車やオイル交換などでも ポイントが貯まります。

本人会員/1,250円税抜き(初年度無料)

 

特典内容

  • ※ポイントは2年間有効です。有効期間が終了しだい、1ヵ月単位で失効となります。
  • ※各種手数料・年会費等はポイント付与対象外となります。
  • ※ポイントはENEOSサービスステーションのご利用、一般加盟店の利用金額別に計算いたします。(1,000円未満は切捨となります)
  • ※カードのサービス特典について一部対象外のENEOSサービスステーションもございます。

 

ENEOSカードP(ポイント)のお申込みはコチラ▼

ENEOSカードP ポイント

 

ENEOSカードC(キャッシュバック)タイプ

ENEOS CARD C

ENEOS CARD C(キャッシュバックタイプ) 毎月のカードご利用金額に応じて、 ガソリン、軽油が最大7円/リットル引きになります。

日々の暮らしの中で使えば使うほどガソリン代がお得!

 

水道光熱費など月々の固定費支払や、ショッピングなどでカードを毎月70000円以上利用し、月の給油量が150L未満の方はこのタイプがいいです。
本人会員/1,250円税抜き(初年度無料)

 

特典内容

  • ※入会後の当月と翌月のガソリン・利用金額については2円/L引きとなります。
  • ※値引き単価の適用は、本人・家族カードでのガソリン・軽油のご利用の合算で毎月150Lまでとなります。
  • ※値引き単価決定の対象には各種手数料・年会費等の金額は含まれません。
キャッシュバックサイクルイメージ
  • ENEOSサービスステーションと一般加盟店のご利用金額合計(家族カードご利用分含む)
  • ※1ヵ月目のカード利用金額に応じて値引き単価をご案内し、3ヵ月目のガソリン・軽油のご利用金額に対しご請求時に値引きします。
  • ※事務処理上の都合で上記スケジュールのとおり値引き単価に適用されない場合がございます。
  • ※カードのサービス特典について一部対象外のENEOSサービスステーションもございます。

 

ENEOSカードC(キャッシュバック)のお申込みはコチラ▼

ENEOSカードCキャッシュバック

 

3タイプとも、入会・年会費無料の 24時間365日受付『ENEOSロードサービス』がついています。

 

ロードサービスの詳細

無料サービスの内容

1.キー閉じ込みの開錠
2.バッテリー上がり時のジャンピング(ケーブルを接続してエンジンをスタートさせる作業)
3.パンク時のスペアタイヤ交換
4.ガス欠時の給油(ガソリン代、軽油代は会員負担)
5.落輪している車両の引上(落差 1m以内でタイヤ 1 本のみが落輪したとき)
6.その他、30 分以内の現場対応が可能な軽作業

 

会員の費用負担になるもの 

1. レッカーサービスの移動距離が10kmを超えるとき
2. 開錠が困難な車両の運搬・開錠
3. キー紛失時の開錠
4. バッテリーの充電費用
5. パンクの補修費用・タイヤ補修剤等代金
6. 給油ガソリン代金・軽油代金
7. その他、交換・取付等を行った部品の代金、補充・交換等を行った 消耗品の代金
8. サービス提供者が要したカーフェリー乗船料金等、サービスの提供に必要となった有料駐車場利用料金
9. タイヤが 2 本以上落輪している車両の引上サービス費用
10. 年間に利用するロードサービス3 回目以降
11. 車両が建物等に追衝突等したときの車両引き出し作業費用
12. サービス提供依頼がキャンセルされたときの出動費用

 

…など。基本的に物をなくした場合は実費がかかります。

 

入会金無料・年会費も実質無料になるので、車を運転する人はぜひENEOSカードに切り替えて快適なカーライフを送ってみてほしいと思います!

 

ENEOSカードの簡易診断・お申込みはコチラ▼

ENEOSカード簡易診断・お申し込み