しゃなりの箱庭。

アニソンアーティストの南 咲希が芸能活動・音楽・ひとり暮らし・貯蓄・断捨離など経験をもとに書いていくブログです。

念願叶ってバリ島へ!寺院&遺跡(とホテル)観光編【旅行】

スポンサーリンク

f:id:sakiminami-7:20170613201020j:plain

 

しゃなりぉー!(・ω・)/

アニソントラベルブロガーの南 咲希(@minamix_syanari)です。

 

5年越しの夢だったバリ島への旅が実現しました!

憧れのビーチやスパを堪能した翌日は、いよいよ観光がメインになります。

 

バリ島旅ログ第二弾!

さっそく綴っていきます。

 

 

紫外線焼けの弊害

f:id:sakiminami-7:20170613204812j:plain

 

ビーチから戻った日の夜、あまりの痛みに目が覚めました。

時刻は夜中の4時半。(日本時間では5時半)

 

目を閉じていられないほど痛かった。

原因は、紫外線焼けした目…

 

サングラスを忘れてきたので、紫外線をモロに受けたようです。

 

パラソルの日陰にいてもダメージがあるんですね。

 

f:id:sakiminami-7:20170613195301j:plain

 ↑ずっとこういう日陰で過ごしてたのに。

 

太陽の光が海に反射して眩しかったのは確かです。

 

夢と現実を行ったり来たりな意識の中、持参していた目薬をさした記憶があります。

朝目が覚めると、手の中には蓋だけがありました。

 

本体はどこへ…笑

 

目薬をさしてそのまま意識を失い、下敷きにして寝ていたようです。

しばらく探していたらベッドの中から見つかりました。

 

目薬を持ってきていて本当に良かった。

 

スポンサーリンク
 

 

バリ島の世界遺産

f:id:sakiminami-7:20170613205517j:plain

 

リラックス重視な2日目とは打って変わり、3日目は観光がメインでした。

 

初の民族衣装

バリ島では、神を祀っている寺院や世界遺産など、神聖な場所では正装をしなければなりません。

膝が見える格好はNGとのこと。

 

前日ジンバランビーチへ向かう途中で服をオーダーメイド。

プランに組み込まれていました。

 

f:id:sakiminami-7:20170613195347j:plain

 

ここで生地を選びます。

好きな柄のスカートと帯を合わせます。

 

出来上がった衣装がこちら↓

 

f:id:sakiminami-7:20170613195418j:plain

※後ろのお面を顔認識した母のiPhoneにて撮影

 

わたしはオレンジ・母は濃いめのブルー。

 

インドネシアの民族衣装、現地の人々に大変好評でした。

「郷に入っては郷に従え」を実感。

 

バトゥアン寺院

f:id:sakiminami-7:20170613195549j:plain

 

現地の正装に着替え、さっそく最初の観光へ。

まずはバトゥアン寺院へ。

 

インドネシアヒンズー教で、山を神様と考える信仰にあるとのこと。

山を半分にして、割れた部分を人の通り道にして神様の中へ入る。

 

現地係員さんから説明を受けていたら突然大雨が降ってきたので、二つに割れた門の写真が撮れませんでした。。

 

バリ島には乾季と雨季しかなく、雨が多いのは1月〜4月くらいまで。

冬はないので1年中夏の気候です。

 

最近は少しずつ季節がズレており、わたしたちが訪れた6月にも、こうして雨が降るとのことでした。

 

気候の変化が激しかったりするので、そこは日本も同じですね。

世界はつながっている。

 

f:id:sakiminami-7:20170613195627j:plain

 

藁葺き屋根の寺院にて、貴重な1枚が撮影できて満足でした。

 

ゴアガジャ遺跡

f:id:sakiminami-7:20170613195750j:plain

 

寺院を後にし、続いてはゴアガジャ遺跡へ。

バリ島の天気は変わりやすく、着く頃には日が差していました。

 

f:id:sakiminami-7:20170613195831j:plain


石段を降りていくと、少しずつ遺跡が見えてきます。

 

神様が祀られている洞窟へ入る前に、昔はお風呂だったという場所へ案内していただきました。

 

f:id:sakiminami-7:20170613195908j:plain

 

ここで身を清めてから洞窟に入る習慣があったそうです。

写真には左側しか写っていませんが、右側にも同じ大きさのお風呂がありました。

 

男性と女性で分かれて入るのですが、左右どちらが男性だったか女性だったか…

うっかり忘れました。

 

f:id:sakiminami-7:20170613195945j:plain

 

いよいよ、この強面の洞窟へ足を踏み入れます。

 

中は暗いながらも、ライトなしでも足元が見える視界でした。

歩を進めると、火・水・風の神様が。

 

神様にはそれぞれに役割があって、

  • 火→生み出す
  • 水→維持
  • 風→壊す

 

現地の方が、毎日お供え物をしています。

 

f:id:sakiminami-7:20170613200046j:plain

 ↑至る所にお供えしてあり、道端にもたくさん。

 

お賽銭を入れてお願い事をし、次の場所へ向かいます。

行きも帰りも、通り道には生地屋さんがズラッと並んでいました。

 

f:id:sakiminami-7:20170613200135j:plain

 

 

1,000円、1,000円

 

 

安いよ〜安いよ〜

 

 

 

どこか(上野の魚市場)で聞いたことがある日本語で、地元民が生地を勧めてきます。

 

 

かわいい〜

 

 

 

お店の前を通過する度に言われました。

 

日本人には「かわいい」と言えば喜ぶとわかっているのか…?

この単語だけは非常に流暢でした。

 

ウブド中心地区を散策

f:id:sakiminami-7:20170613200228j:plain

 

お昼ごはんを食べた後は、商店街を散策しました。

1時間ほどの自由時間があったので、とりあえず歩き回り、

 

f:id:sakiminami-7:20170613200258j:plain

 

日傘なしではいられないほどの暑さになってきたので、思わずアイスを買い食い。

 

若干工事中の寺院があったり

 

f:id:sakiminami-7:20170613200608j:plain

 

隙間なく並んだお店の雰囲気も、これぞまさにバリ島!

 

f:id:sakiminami-7:20170613200712j:plain

 

神様が当たり前に共存している国なんですね。

 

f:id:sakiminami-7:20170613200750j:plain

 

ホテルに忘れてきたリップクリームをコンビニで調達した後は、テレビでもおなじみの棚田へ行くことになりました。

 

宿泊していたクタ地区は、渋谷の真ん中にいる以上に賑やかな都会。

 

途中どんな田舎道に出会うんだろうとわくわく。

田舎好きの血が騒ぐ…!

 

スポンサーリンク
 

 

テガララン棚田

f:id:sakiminami-7:20170613200356j:plain

 

田舎道を通り抜け、専用車を降りた先に目にしたのはこの絶景。

 

バリ島の田んぼ。

「テガララン棚田」というそうです。

 

滞在時間は10分ほどでしたが、見たことがない景色を見られて感動しました。

 

 

安いー安いー

 

 

 

帰ろうとすると、安くない感じもする服を勧めてくるおばちゃんがいました。

どうやら観光客に服を売って生計を立てている模様。

 

勧められた服よりも後ろにかかっていたワンピースが気になったのでお買い上げ。

 

だいぶしつこかったのですが、買ったらあっさり解放してくれました。

 

f:id:sakiminami-7:20170613200437j:plain

 

今度はポストカードを持った少年が近づいてきました。

物売りで生計を立てている一家なのか、買うまでなかなか離してくれません。

 

無垢な子供の表情に気が緩みそうになりましたが、購買意欲が湧かなかったので買いませんでした。

 

 

ガッカリさせてごめんね。

でもわたしは、同情で買ってあげたりはしたくない。

自分が欲しいものをきちんと買いたい。

 

 

と思いながら、棚田を後にしました。

 

あからさまにガッカリした少年の顔が忘れられません…

 

異国の文化はおもしろい

f:id:sakiminami-7:20170613200516j:plain

 

旅をしているといつも思います。

自分の知らなかった世界や文化に触れるのっておもしろい。

 

ブログをやっていてよかったと感じるのは、思い出をカタチに残しておけること。

読み返した時に

 

 

そうそう、こんな出来事があったな

 

 

と鮮明に蘇ってくる。

 

どんなに大切な思い出でも、時が経つにつれて少しずつ色あせてしまう部分もあります。

 

平凡な日常だと感じながらも些細なことでも記録しておけば、「自分の人生って、意外といろんなことがあるんだな」と思えるものです。

 

病気を経験してさみしくなった時、元気な自分が恋しくなった時、励ましてくれたのはいつもブログでした。

 

人とのつながりを感じられるコメントやSNSでのやり取りも、大きな力になってくれました。

 

帰国後に記録しておけば、どんな旅だったかすぐに思い出せます。

 

次回は、民族舞踊&食事について書いていきます。

 

アニソンブロガー南 咲希(@minamix_syanari)より。

しゃなりぉー!(・ω・)/

 

あわせて読みたい