しゃなりの箱庭。

アニソンアーティストの南 咲希が芸能活動・音楽・ひとり暮らし・貯蓄・断捨離など経験をもとに書いていくブログです。

【断捨離】整理整頓よりもまず捨てる。あなたが死ねば全部ゴミだから

スポンサーリンク

f:id:sakiminami-7:20170707201715j:plain

 

使わなくなったモノを倉庫にしまう。

捨てずに取っておく心理としては「いつか使う時が来たら困るから」だろうが、断言する。

 

いつかはやってこない。

 

自分が使っているモノでさえ、他人にとってはゴミだ。

 

スポンサーリンク

   

 

モノを捨てられない父

モノを捨てられない父はよく、わたしに「これを使いなさい」と渡してくる。

父とわたしの趣味が同じで、ちょうど欲しかったモノであれば喜んで受け取っただろう。

 

しかし、父とわたしの趣味は正反対。

わたしは極力シンプルなモノやデザインを好み、父は派手でこってりしたデザインを好む。

 

新居のカーテンを選んだ時も、その違いが現れた。

わたしが真っ白な無地を選んだのに対し、父が提案したのは大きくバラの模様が全面に入ったデザインの、まるで昔の貴族が好みそうなカーテンだった。

 

余計な模様や柄のない、機能性の高い白の壁紙を選んだわたしとは正反対に、シャンデリアのような模様が羅列された、紺と金色でフランス製の壁紙を気に入っていた。

 

そして長年、わたしの部屋はそのフランス製の壁紙だった。

 

人の趣味に口を出すつもりはない。

ただ、自分で使わなくなったモノを誰かに譲ろうと考えるのは良くない。

 

趣味が合わないので断ると、「お前には価値がわからないんだな」と言われたこともある。

 

モノを巡る悪循環

「これはいいモノなんだから、使いなさい」

「しゃなりには到底手の出ない、すごく高いモノなんだ」

 

確かに、ひとつひとつを見るととても豪華な品だ。

とてもじゃないが手が出ない。

 

でも、わたしは思う。

それなら自分で使えばいいのに。

 

結局使わないけど捨てるのも忍びないから、誰かに使ってもらうことで罪悪感を消そうとしている。

買ったはいいが飽きてしまい、しかし高かったが故になかなか手放せないのである。

 

そうだ、あの人に譲ろう!と意気込んで提案するも、断られると自分自身が否定されたような錯覚が起きて、嫌な思いをするのだ。

 

モノを譲ろうとして断られると余計な一言を口にするのは、このような心理からであろう。

 

譲られても迷惑

一人暮らしを始めるにあたって、家具を設置する流れになった。

 

確かに、机は欲しい。

わたしは腰痛持ちなので(20歳くらいでギックリ腰を経験)、L字型に座るよりも椅子に座った方が、パソコン作業がはかどる。

 

でも欲しかったのは、倉庫にしまわれて強烈なカビの匂いが取れなくなった机ではない。

引き出しからとんでもない匂いがするので天日干しをしたが、全く効果はなかった。

 

この机に関しては、未だに頭を悩ませている。

ちなみに引き出しからは、黄色く変色した写真(10年以上前に撮影)が出てきた。

 

安くてもいいから、引き出しも何も付いていない、シンプルで清潔な机がいい。


確かに、カーペットは欲しい。

フローリングよりもカーペットを全面に敷き詰めた方が、床を傷つけなくて安心感があり、快適に暮らせる。

 

でも欲しかったのは、目の覚めるような赤い絨毯ではない。

模様は、中性ヨーロッパといえばイメージしやすいだろうか。

 

花柄模様の壁紙に、赤い絨毯。

最近遊びに来た友達からは「バブルの雰囲気があるね!」と評価された。

 

この絨毯も非常に高級らしいが、はっきり言って全然気に入っていない。

 

気に入っていないならむしろない方がいいと思うが、一定期間使わないと何か言われそうなので(笑)、今のところ敷いたままである。

 

好きなカーペットを自分で買えるのが楽しみのひとつ。

 

自分が死ねば全部ゴミ

こんな経験があるので、不要になったモノを他人に譲るのは極力控えている。

 

使わなくなったiPad2を放置していた。

いらないが売るのも気がひけると伝えたら、知人が欲しいと言う。

 

磨いて初期化したら、まるで新品のように蘇った。

充電器もセットで差し上げたら、さっそくYouTubeを見て楽しんでくれていた。

 

譲ろうとした相手が断ったら、さっぱりと引く。

そもそも自分から「欲しい?」と聞かない。

 

この信念を念頭に、喜んでもらえるモノならば譲る。

 

ところが、自分が不要になったモノは、結局のところ他人にとってもほとんどがゴミである。

 

捨てる手間を増やさないためにも、モノを買ったり貰ったりする際には「これはどんな時に使う?」と考えてみること。

 

自分が死んでしまったら、楽しい思い出とお金以外は全てゴミだ。

あまりモノを増やしたくないし、溜めたくもない。

 

いつ死んでも恥ずかしくないように、身の回りをキレイに整えて生きていきたい。

 

アニソンブロガー南 咲希(@minamix_syanari)より。

しゃなりぉー!(・ω・)/