しゃなりの箱庭。

アニソンアーティストの南 咲希が芸能活動・音楽・ひとり暮らし・貯蓄・断捨離など経験をもとに書いていくブログです。

【恋愛】振られてしまう人必見!重い女の特徴5選【失恋】

スポンサーリンク

f:id:sakiminami-7:20161202220621p:plain

 

しゃなりぉ!(・ω・)/

よく恋愛相談に乗っている南 咲希(@minamix_syanari)です。

 

さっきまで楽しそうに笑いあっていた彼氏が、突然別れを告げてきた。
理由がわからないと思っているあなた、もしかして「重い」と言われませんでしたか?

 

 女性にありがちなのは「重い」と振られてしまうこと。世の男性が言う「重い」とは一体なんなのでしょうか。

 

女のわたしから見ても重いと感じる5選をまとめてみました。

 

目次 

 

スポンサーリンク
 

重いと言われてしまう女の特徴

 わたしが見ても「これされたら嫌だわー」と思うことをガンガンやって悩んでいる女性が多いので、ご紹介していきます。

 

①「浮気しないで」と言う女

これはもう、本当にうっとおしい!!!
浮気しないで、ではなく、浮気をさせない女になるのが彼女の仕事です。

 

世界にはキレイな女性がたくさんいます。自分にだって彼氏を選ぶ権利がある(浮気の権利だってある)のだから、彼にだって誰を彼女にしたいか選ぶ権利があります。

 

浮気をするかしないかを決めるのは彼本人です。

自分が浮気をしないのは彼が大好きで一番だからであって、自分が決めていることです。


彼の一番になる努力もしないで相手を疑って怒ってばかりいる彼女は最悪です。

 

浮気をされたとして、自分が彼の好みを満たす努力もしないで、選んでもらえなかったからといって彼のせいにするのは責任転嫁しすぎです。

 

たった一枠しかない彼の「彼女」ポジションにいることに感謝しましょう。

それが嫌なら潮時です。

彼女ポジションに居座る資格はないのでどいてあげましょう。
そして新しく彼女ポジションでいられることにしあわせを感じる男性を探しましょう。

 

初心を忘れすぎです。

ずっと好きだった気持ち・付き合い始めた頃の初々しさを思い出して、どっちにしろもう一度出直した方がいいです。

 

②かまってちゃん

「そういう意味じゃないの!」

「なんでわかってくれないの!?」

 

よくあるやりとりですが、これをやると「出た、このパターン…」と思われて100%ウザがられます。


彼はエスパーではありません。

きちんとわかるように説明しなければ、あなたの気持ちをわかるはずがありません。

 

これも許されるのは付き合い始めのうちだけで、付き合いが長くなってくるにつれて相手を疲れさせます。

自分の感情をコントロールできる人になりましょう。

 

③いきなり不機嫌になる

彼女側は理由がわかっているのでいきなりではないのですが、彼にしてみれば原因不明だし、いつの間にか機嫌が悪くなっているとめんどくさく感じます。

 

彼の趣味が痴話喧嘩でない限り、相当気をつけたほうがいいです。

 

嫌なことや直してほしいことがあるときは不機嫌になって態度で訴えるのではなく「こういうところが悲しかった」「こうされるのはすごくつらい」など、あくまでも自分の感情として伝えましょう。

直すか直さないかは彼次第です。

 

④所有物にし始める

「彼はわたしのモノ♡」という態度は傲慢です。付き合い始めた途端に彼氏を所有物にしてしまう心理が不思議なのですが、束縛されるなら付き合わない方がいいって思われるのは当然です。

だって窮屈だから。

 

束縛は愛ではなく独占欲です。

 

成人しているにも関わらず娘に彼氏ができると怒り出す、子離れができていない父親と一緒。

そんな親、めんどくさいですよね?

 

独占されて嬉しく感じるのは、せいぜい恋のマジックにかかっている3カ月程度です。
ラブラブ期が過ぎていきなり振られないよう、考え方を改めておきましょう。

 

⑤余計なお世話

頼まれてもいないのにファッションや髪型のアドバイスをしてきたり、仕事に口出しする彼女は本当にうっとおしい。姑か!

 

「ダサい彼にカッコイイ服を着てほしいから一緒に買い物に行く」

「わたしが選んだ服を着てもらうの」

 

これはもうマジで余計なお世話です。そんな彼女とは今すぐ離れたい。

 

彼から頼まれた場合を除き、どんな場合でもアドバイスは余計なお世話です。

お説教されている気分になり、彼の自信を奪います。

 

彼には彼の信念があるので、バカにしてはいけません。
自分だって完璧な彼女ではないのだから、進んであれこれ言うのは控えましょう。

 

されたら嫌なことは人にもしない

恋愛においては特に親密な関係になるので、我を忘れて甘えてしまいがちです。

恋愛も人付き合いなので、自分がされて嫌なことは人にもしないようにしましょう。

 

自分と同じくらい、もしくは自分よりも相手から好かれれば、自然と「重い」とは言われなくなります。

次はもっと好かれるようにがんばりましょう!

 

▼こんな記事もあります

www.sakiminami.com

www.sakiminami.com

www.sakiminami.com

www.sakiminami.com