しゃなりの箱庭。

毎日をがんばるきみに、南向きであたたかいしあわせをお届けするブログ。 ときどきブラックな本音を書いたりもします。

【片付け】いらないモノを売りたい捨てたい!断捨離で試した方法

スポンサーリンク

f:id:sakiminami-7:20180331110312p:plain

 

いらないモノがたくさんあるので整理したい!

でも面倒でなかなか手がつけられないのが現状。

 

 

まだ使えるし、せっかくだからほしい人に譲りたい

 

 

捨てるのはもったいない!少しでもお金になるなら売りたい

 

 

 

捨てるのはもったいない精神から、フリマアプリのメルカリに挑戦してみました。

オークション歴10年以上のわたしが実際に体験し、決めた方がいいこと学んだことをお伝えしていきます!

 

スポンサーリンク

   

 

ネットで売る金額の下限を決める

まず絶対にやった方がオススメ方法として、「この金額以下のものはネットでは売らない」と決めること。

 

ネットで売るのって、思った以上に手間がかかります。

写真を撮ったり説明文を書いたり、やり取りしたり梱包したり発送したり…

変な人に当たってしまった場合、理不尽なクレームをつけられることもあり得ます。

 

そんな気苦労を背負ってまで売る価値があるモノでしょうか?

手間があっても売ろうと思える金額はいくらですか?

 

フリマアプリで売る場合

売るのは5,000円以上のモノのみと決めています。

フリマアプリのメルカリは、基本は即決購入です。

 

値切ってくる人もいるので、理想より少し高めに設定しておきます。

値引きを交渉されて「できません」と断られるよりは、安くても対応してくれた方が嬉しいのが人の心理です。

そのまま購入してくれればラッキーだし、常識的な範囲での値引きならば対応できます。

 

忘れてはいけないのがメルカリ手数料。

売上金額の1割を手数料として引かれます。

2万円で売れた商品がありましたが、手数料として2,000円引かれました…結構な金額ですよね。

 

送料も出品者負担なので、手元に残したい金額をよく計算してから価格を決めましょう。

 

オークションで売る場合

わたしの場合、オークションは委託販売が中心でした。

希少価値の高い商品を扱っていたので、かなりの頻度で売れていました。

 

設定した金額から値段が上がっていく仕組みがオークションです。

はじめから納得のいく金額で出品すれば、初期価格での落札でも不満は残りにくい。

 

競り合いなので、コレクション要素が強い商品は特に買い手がつきやすいです。

いつでもどこでも買えそうなものは逆に売れにくい印象ですが、安く設定してお得感をアピールすれば売れます。

 

基本的には送料も落札者負担なので、売上金からマイナスされることはありません。

 

稼げないのに手間が多いと続かない

掲載する写真をキレイに調整したり、求められている情報を説明文に明記するなど、効率よく売るために気をつける事項がいくつかあります。

適切な値段を計算しなきゃいけないし、正直かなり面倒です。

 

さまざまな手間を考えて、それでも売るモチベーションが保てる金額が5,000円だったのです。

出品しがいのある金額を決めたら、どんどん稼げるようになりました。

 

もう役割が済んでいるいらないモノを手放しただけなのに、3日で2万円。

勢いづいて5,500円で出した品物も、3日で売れました。

 

メルカリで赤字を叩き出した話

時間帯によって異なりますが、体感としては主婦層がよく利用しているようです。

出品したばかりの商品は注目されやすく、すぐに買い手がつきました。

 

購入前に800円の商品を735円に値切られたのですが、メルカリ手数料と送料を考えると赤字になる。

申し訳ありませんが…とお断りしたところ、そのままの金額で買ってもらえました。

 

しかし誤算がありました。

梱包したら意外と大きくなってしまい、600円で済むと思っていた送料になんと730円もかかってしまったのです。

 

手数料と送料の合計は810円。

わずかながらも赤字になってしまい、これなら捨てた方がよかったと落胆しました。

 

この経験から、

 

納得いく金額が残らないモノははじめから売らない

 

 

決めた金額に満たないモノはリサイクルショップへ持っていく

 

 

それでも売れなければ潔く捨てられる

 

 

こう考えられるようになりました。

 

5,000円に満たないモノはリサイクルショップか処分

手間よりも安価だと割に合わず、疲労感だけが残ります。

決めた値段で売れなければ価値がなかったと割り切り、潔く処分しましょう。

 

 

まだ使えるし、誰か必要で使ってくれる人はいないかな?

 

 

こう考える気持ちはよくわかります。

 

残念ながら、あなたがいらないモノは他人もいらない。

 

たとえば使っていた食器を他人の家で「いる?」と聞かれて、欲しくなるでしょうか。

少なくとも、わたしは欲しくなりません。

 

空想の誰かに押し付けるのではなく自分が判断し、いるモノは残し、いらないモノは減らすしかないのです。

使えるモノではなく、使っているモノを残してください。

 

全然使っていないモノは出さないと、お部屋がパンパンになってしまいます。

使い道のないモノやじゅうぶんに使い切ったモノとは、お別れすることも大切です。

 

リサイクルショップでも売れないモノはゴミ同然ということ。

売れそうもない、売れなかったモノは捨てていいんですよ。

 

この記事を読んで、少しでも役に立ててもらえたら嬉しいです!

 

読んでくれてありがとう。

しゃなりぉー!(・ω・)/

 

コラムニスト:アニソンブロガー南 咲希

Twitter(@minamix_syanari)

 

あわせて読みたい