しゃなりの箱庭。

アニソンアーティストの南 咲希が芸能活動・音楽・ひとり暮らし・貯蓄・断捨離など経験をもとに書いていくブログです。

その過去は誰も助けない。捨てるのは、生きるためだ

スポンサーリンク

f:id:sakiminami-7:20170407163650j:plain

 

「趣味は、悩むことです。」

 

まさに、こんな言葉がぴったりだ。

暇さえあれば悩む時間に費やしてしまう。

 

動けなくさせた言葉がいくつもある。

ふとした瞬間に蘇って、奈落の底に落とされる。

 

お前の人生、すべて失敗だ

さっさと死んじまえ


まるで昨日言われたかのように思い出される、二つの言葉。

 

傷つくには十分な破壊力を持った、諸刃の剣。

もろに受けた攻撃で、なんど再起不能になっただろうか。

 

興味があればぜひ、過去に囚われて人生をこじらせていた話を聞いてやってください。

 

根元にあるのは「怒られたくない」

もう初対面でもないのに、敬語を解けない。

自分より後輩で年下だとわかっても、だ。

 

敬語は他人にとどまらず。

父にも敬語を使って話している。

 

本当は、人と対等に仲良く喋りたい。

恐れることなんか何もなかった、幼稚園の頃のように。

 

タメ口で話してもらえることには、信じられないほどの安心感を伴った。

見えない壁を超えてきてくれたかのように錯覚するのだろうか。

 

今でも、ほとんどの人に敬語で接してしまう。

 

怒られたくない。こわい。

誰も怒らないのは知っているのに、いつ逆鱗に触れて戦争が始まるかわからない。

いつも怯えていた。

 

こわいのだ。

 

仲良くなりたいけれど、距離の詰め方がわからない。

 

敬語はよそよそしく、かといってタメ語は微妙。

そんな間柄になると、話しかけに行かなくなる。

 

敬語ならば、自分からガンガンいけるのに。

タメ口でたくさん話しかけてくれた人と仲良くなる傾向は、昔から変わっていない。

 

お前のことは腫れ物を扱うように接しているんだ!と怒鳴られてから、自分が迷惑な存在であることを自覚した。

どうしたら、邪魔にならないんだろう。

 

本当は、4人以上いても話せることも知っていた。

大人数にまぎれて黙るのは、存在感を消すためだった。

 

タメ口で話すときは、とても緊張する。

 

「この人たちは、確かにわたしとコミュニケーションを取ろうとして会話しているんだ」と判断できる上限が4という数字であり、心置きなく話せる目安なのだ。

 

ブログさえも書けなくなるまで悩んで、気づいた

やりたいことを極められずに体を壊して、沈黙の期間が生まれたこと。

限りなく100%の叶わなさを兼ね備えているのに、いつまでも同じ人を好きでいること。

 

しつこく居座り続ける自己嫌悪、執着。

いつになったら解放されるのかと思い煩っていたけれど、気がついてしまった。

 

どうしたいのかを自分で決めなければ、いつまで経っても悩みの芽は詰めない。

このままでは、「ひたすら悩みたい人」である。

 

過去の記憶が足を引っ張る。

何か新しいことを考えつくと、「お前にできるわけがない」と言われた記憶が、呪いのように襲いかかる。

 

いっそ記憶喪失になってくれれば、明るく新しい道に進めるのだろうか。

何度も考えた。

 

自分の都合で記憶を失うのはムリだ。

このまま抱えていてもつらいだけ。

 

何かが吹っ切れた。バカバカしい。

 

しあわせになりたい

わたしにとっての幸せは、好きなことを仕事にすること。

自分の力で稼げるようになること。

 

幸せに向かって歩くと決めれば、大切にし合えるたくさんの人に、必ず会える。

 

半年で、仕事も環境も180度変わった。

変えられないのは過去だけで、現在も未来も、どうとでもできる。

 

半年前の決断があったから、今まで出会えなかった人たちと繋がれた。

新しいことにチャレンジできた。

 

未来を変えたいなら、自分で決断するしかない。

子供の頃のように「自分は何にでもなれる」と、可能性いっぱいに期待していい。

 

停滞してもいい。

立ち止まることなんて恐れずに、手をつけてみてから考えればいい。

 

嫌だったこと。心が追いつかないこと。

一気に捨てることはできなくても、どうするか決めさえすれば、少しずつでも変えていける。

 

過去に縛られて生きていたわたしは、今日限りで終わりにする。

自分の過去を捨て、まっさらな自分を生きていく。

 

第二の故郷・まるもで得た答えが、今となって腑に落ちた。

相談するということは、処方箋をもらうことだ。

 

相談に乗ってもらいました

 

出会った人たちのあたたかさに触れて、わたしは変われた。

 

今日からわたしは、新しい自分として生きていこう。

あなたにもできる。

 

アニソンアーティスト・南 咲希(@minamix_syanari)より。

しゃなりぉー!(・ω・)/

 

あわせて読みたい

www.sakiminami.com

www.sakiminami.com

www.sakiminami.com

www.sakiminami.com