しゃなりの箱庭。

アニソンアーティストの南 咲希が芸能活動・音楽・ひとり暮らし・貯蓄・断捨離など経験をもとに書いていくブログです。

あなたに動物を飼う資格はない。どんなつもりでペットを飼ってるの?

スポンサーリンク

f:id:sakiminami-7:20170807182846j:plain

 

我が家の猫が、難病にかかりました。

 

名前は「ローグ」といいます。

まだまだ子猫で、年齢は2歳。

 

猫伝染性腹膜炎(FPI)という、お腹や胸に水が溜まってしまう病気です。

致死率は99%、完治させる方法はなく、かかったら運が悪いとのこと。

 

予防のワクチンも効きません。

 

余命は2ヶ月ほどだったのですが、病院に通い始めてから2ヶ月半ほどが経過。

生命力が強いみたいです。

 

そんなローグですが、見るからに弱ってきました。

 

 

ローグとわたし

我が家の猫、といっても、わたしはひとり暮らし。

飼い主は父親です。

 

一緒に暮らしていない上に、親とは世帯も違う。

正確には我が家の猫ではないのですが、自分の猫のように可愛く思っています。

 

f:id:sakiminami-7:20170807183012j:plain

 

話しかけたり一緒に遊んだり、ローグとはたくさんの時間を過ごしました。

 

人が大好きで、甘えん坊な黒猫。

危ないから入ってはいけないエリアでも、人の声がすると、ものすごいスピードで走ってくるローグ。

 

目があうと「にゃ!」と挨拶してくれるのが可愛かった。

 

子猫なこともあってか鳴き声が高いので、オスだけれど「ローグちゃん」と呼ばれて親しまれています。

 

病気になってからのローグは、わたしを含め、自営のお店の従業員が世話をしてくれています。

 

動物病院は10割負担

動物病院は保険が利かないので高額です。

2週間に1回の検査は約25,000円、毎日の点滴(や注射)が1回で約4,000円。

 

液状の食べ物に処方された薬を混ぜ、スポイトで水も飲ませます。

これを毎朝晩、繰り返します。

 

f:id:sakiminami-7:20170807183204j:plain

▲薬入りのエサを見た瞬間のローグ

 

これだけではカロリーが足りないので、スポイトを使っておやつもあげます。

 

嫌がって口にしないことも多いので、なかなか時間のかかる作業。

食べさせるしかないので続けていると、がんばって食べてくれます。

 

そんなローグに「もう間も無く」の声がかかりました。

 

ローグの余命宣告

f:id:sakiminami-7:20170807183506j:plain

 

ローグは頑張っているけれど、残念ながらもう長くは持たないでしょう

 

通院している病院の先生から、そう告げられました。

 

医療費が高額なので、治療をするかしないかは飼い主の判断によるそうです。

 

お金の都合で治療を続けられない、というなら、残念ですがわかります。

 

しかし飼い主は、お金があるのに治療をやめる判断をしました。

はじめは「お金はいくらかかってもいいから出す」と言っていたのに、です。

 

理由は

「ローグは楽にしてほしいと思っているかもしれないから」

「これ以上治療を続けても長くないなら、天命に任せよう」

 

人間の最後に使われる「天命に任せよう」、果たして最善なのでしょうか。

 

動物は本能で生きようとする

「天命に任せよう」は、ただの逃げです。

ローグはまだ、嫌がりはしても食べてくれる。

 

点滴が効いて楽になると、短い時間ではあるものの走ったりする。

ジャンプもするし、自ら進んで水を飲む。

 

昼は座っているか寝てぐったりしているけれど、夜は少し元気になる。

 

本当にもうダメな場合は、絶対に食べない。

起き上がれないから寝たきりになる。

 

そうなると、通院させても仕方がないそうです。

 

死にたいだの生きたいだの、そんなものは人間だけの欲求です。

人間だけに与えられた理性。

 

猫や犬は、ただひたすら生きようとします。

動物は本能だけで生きようとするので、「楽にしてくれ」なんてない。

 

どうせ回復しないなら治療しなくていいや。

そんな感情が透けて見えた気がしました。

 

ローグにはまだ、生きる気力がある。

名前を呼べばしっぽを振るし、頭を撫でてば嬉しそうにします。

 

生きようとする動物のサポートをする。

ペットを飼うとは、そういうことだと思っています。

 

最期まで看る気はあるか

f:id:sakiminami-7:20170807183422j:plain

 

最期までしっかり看る気がないなら、ペットを飼う資格はありません。

 

元気な時だけ飼い主の顔をして、(お金がないわけじゃないのに)まだ生きられる動物を見放す。

そんな人が大嫌いです。

 

飼い主はお金を出さないそうなので、わたしが出して通院させます。

 

どのみち、ローグはもう長く生きられない。

悔いの残らぬよう、自分にできる精一杯の看病をします。

 

病気にかかったペットを最期まで看る気がない人は、動物を飼わないでください。

もう二度と、動物を連れてこないでください。

 

アニソンブロガー南 咲希(@minamix_syanari)より。

しゃなりぉー!(・ω・)/

 

あわせて読みたい

親とうまくいかないのは期待しすぎるから。愛情と信頼は別物

家族とはあまり顔を合わせなくていい-近すぎ事件が起きる-

【死にたい...】自殺したい願望のある人がラクに生きられる考え方